[オーダーメイドのスタンド花(フラスタ)・楽屋花・祝い花]Sakaseru スタッフブログ

Sakaseruスタッフブログはこちらに引っ越ししました![Sakaseruコラムページ]https://www.sakaseru.jp/columns

造形の匠 フラワーデザイナー雨宮が新規加入しました

こんにちは、Sakaseru小柴です!

4月にフラワーデザイナー後藤がSakaseruへ加入して、早3ヶ月…。

いつもSakaseruをご利用いただいているみなさまのおかげで、後藤の作品事例も随分たくさん揃ってきております…本当にありがとうございます!

そしてさらに、先日、強力なフラワーデザイナーが新たに加入いたしましたのでご紹介いたします!

 

First slide

フラワーデザイナー 雨宮 靖(あめみや やすし)

神奈川県の閑静なロケーションに店舗を構える、雨宮さん。
日々のお祝いのお花から、有名アーティストさんの手の込んだ造形まで、幅広く手がけます。また、雨宮さんは染めの花の第一人者でもあり、染めの技術開発にも関わるフラワーデザイナーでもあります…!

 

また、雨宮さんが加入したことにより、横浜へのスタンド花の送料が、2400円〜3000円とかな〜〜りお安くなりました!

詳しくは、よくあるご質問 「スタンド花の配送料金について教えてください。」をご確認ください。

 

f:id:sakaseru:20190703162143j:plain

フラワーデザイナー雨宮の店舗

f:id:sakaseru:20190703162947p:plain

とある声優様へ送られたスタンド花

f:id:sakaseru:20190704170105p:plain

法人さまへのスタンド花

素晴らしい技術経験を持った雨宮さんですが、人柄の面では一体どんなフラワーデザイナーなんだろう?どんなことが得意なんだろう?一生に一度しかないご公演への、大切な祝い花のオーダーですから、信頼できるデザイナーにオーダーをしたいですよね。

そこで今回は、雨宮さん自身についてみなさまに知っていただき、安心してオーダーをいただくために、雨宮さんへインタビューを行いました。

 

Q:雨宮さん、Sakaseruへの加入ありがとうございます!早速ですが、いくつかインタビューをさせてください。
以前よりファンの方からのオーダーを多く受けている雨宮さんですが、そういった製作以外だと、普段はどんなお仕事をされているのですか?

「普段は、街のお客様が店舗にきてくださった時の対応や、近隣の会社さまへの定期のお届けをしています。老人介護施設で行われている週に1回の生け花クラスへの花材のお届け、フラワーレッスンの先生への花材のお届けなんかもあります。
造園をしている時期もありますし、生け込みだと、高級輸入会社の本社ショールームへの定期生け込みなどもあります。」

 

Q:そのような普段のお仕事の中では、ファンの方からのオーダーは少し特殊なジャンルでもあるかなと思いますが、そういったオーダーはどのように受けられるようになったのですか?

「もう4〜5年前になるかと思いますが、最初はファンの方がネットで検索して、うちの店舗を見つけてオーダーくださったり、東京のお花屋さんに入った横浜の会場へのオーダーを「配達できないから代わりにやってほしい」と受けるなどで、製作するようになりました。
すると繋がり繋がりで、だんだんとファンの方からのオーダーが増えてくるようになりました。」

 

Q:ファンの方がオーダーされるお花は、土台作りや装飾など、普段のお仕事とは結構違う部分が多いのではないかと思いますが、正直大変に思うことはないですか?

「そういうのを楽しめるか楽しめないかは、花屋次第ですよね。私は、いろんなことに挑戦できるので、楽しいです。」

 

Q:なるほど、そのようなマインドが、数々の素晴らしい製作結果に繋がっているのですね。
では、そもそも雨宮さんはなぜお花屋さんになろうと思ったのですか?

「学校卒業後、印刷会社の営業をやっていたところ、造園業を営んでいる同級生の家族が花屋を開くことになり、「一緒に働いてくれないか?」との誘いが来て、それにのっかったのが始まりです。同級生は多分、僕が大学のときに花業界への就職を考えていたのを覚えてくれていて、声をかけてくれたんだと思います。」

 

Q:花業界への就職を考えていたということは、以前からお花がお好きだったのですか?

「切り花というよりは、造園の方が好きだったので、それで考えていました。」

 

Q:同級生の方からの誘いで始まったお花のお仕事ですが、実際働かれてみてどうでしたか?

「とっても楽しませてもらってます。印刷会社の営業時代も周りに可愛がってもらえて楽しかったですが、自由に時間を使えたり自分の思う通りにできる自営業はとても楽しいし、自分に合っていると思います。
お花屋さんて、仕入れるもので自分の世界を作り上げられる、珍しい小売業なんです。自分のスタイルを自由に作れるから、僕の感覚だと、花屋にはB型が多い気がします。僕も、フラワーデザイナー小林も、フラワーデザイナー加納も、B型です(笑)」

 

Q:そうなんですか…!(笑)雨宮さんは、フラワーデザイナー小林・加納とは、親しい間柄ですもんね。
ちなみに自分のスタイルを自由に作れる、という中で、雨宮さんのお店はどんなスタイルのお店だと思いますか?

「僕のお店は、オールマイティに全てを揃えているスタイル。よく、菊は置かない、という花屋があったりしますが、僕にそういうNGはありませんし、新しい品種のお花は仕入れてみて、お客様にお話したりします。まぁ新しい品種のものは、品質がどうだかわからない(持ちが良いかどうかわからない)ところがあるので、全てが良いという訳でもないのですが…。
ちなみに僕が仲良くしている周りのお花屋さんも、そういうスタイルの人が多いです。オールマイティに揃えて、新しいものは取り入れる。」

 

Q:特に得意なオーダー・アレンジなどはありますか?お話から察するに、オールマイティなスタイルなので特にコレが!という感じではないのかもしれませんが…

「そうですね…。僕はやっぱり、『お客様のご要望にお答えする』のが一番得意なことですね。ご要望は最大限、形にします。…それではダメかな?(笑)」

 

Q:いえ、とても素敵だと思います!
では雨宮さんが一番やりがいを感じるときはいつですか?

「やっぱり、お客様に喜んでもらえたときですね。特に、お届け先の方に喜んでいただけたときは嬉しいです。あとは、広告代理店とのスタンド花の製作のお仕事では、クライアントを納得させるような企画を考えなければならないんですけど、代理店の人と一緒に一から考えてクライアントを納得させよう!っていう仕事は特に燃えます。」

f:id:sakaseru:20190703162604p:plain

広告代理店とのスタンド花制作

Q:最後に、雨宮さんの好きなお花を教えてください!

「そうですね〜…大きいジャンルで言えば、バラかな。バラって、すごく奥が深いんですよ。まず、生産者の方の熱意や努力が半端ない。3〜5年くらいでどんどん品種改良がされていくから、色や形もいろんなものが生産されて、新しい品種がたくさんあるし。バラ自体も、1本でも様になるくらい素敵なお花だし。奥が深いので、バラが好きですね!」

 

 

ファンの方からのオーダーの製作や、広告代理店との仕事をとっても楽しそうに語るフラワーデザイナーの雨宮さん。

新しいことに挑戦すること、取り入れること、そしてお花の製作をすることそのもの、が本当にお好きなんだなということがとてもよくわかりました。

 

これからお花贈りのご予定があるみなさま、ぜひフラワーデザイナー雨宮へオーダーいただき、製作工程から一緒に楽しんでいただけましたらとても嬉しいです。

 

フラワーデザイナー雨宮のオーダーはこちらから。

www.sakaseru.jp

 

ご予算や内容などについて一旦相談されたい方は、ぜひスタッフへ一度ご相談ください。

Sakaseruスタッフへ無料相談する

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

引き続きSakaseruをどうぞよろしくお願いいたします。