[オーダーメイドのスタンド花(フラスタ)・楽屋花・祝い花]Sakaseru スタッフブログ

sakaseru.jp を運営しているスタッフが更新します。サイト内のコンテンツや、メールマガジンの内容を紹介します。

台風の時に頂戴しました、お客様の温かい声

f:id:sakaseru:20191013132056j:plain

こんばんは。
Sakaseru代表の小尾です。

先日の台風、皆さまご無事でしたでしょうか。
川の近くなどは被害も出ているとのこと、皆さま、ご家族共々お気をつけてお過ごしください。

今回の台風の影響で、10/12、そして10/13お届け予定のお花が、ご公演の中止によって殆ど壊滅状態と言っても良い状態となってしまいました。

お花はもちろん、ご公演が中止になってしまったお客様は、本当に残念な事になってしまったと思います。
僕たちSakaseruも観劇やイベント参加への楽しみは自分ごととして理解していますので、どれだけ残念なことだったのかと、悔やまれます。

Sakaseruフラワーデザイナー達もこの二日間のためにお花の仕入れから、お客様のご要望にお応えするためのデザインなど、出来る限りのことを尽くしていましたので、大切なお花をお届け出来ず、そしてお客様には本当に申し訳ない想いでいっぱいです。

フラワーデザイナーと直接今回のことで電話したときも、
「いつでも花をお届け出来るように、常に準備万端の状態にしているし、お花は作る気満々だからね。」
と非常に心強い言葉を貰うことが出来ました。

ニュースなどで台風上陸がほぼ決定された10月10日。
この時点でのキャンセルは、仕入れたお花、仕事がすべて無駄になる状況と等しい事でした。

当日配送させて頂くオーダーを全てリスト化し、ご公演のHPを調べ、開催の有無を事前に調べさせて頂きました。
実際には、多くのご公演がギリギリでの延期や中止の発表だったのが、現実です。
ご公演の運営会社様も、利益や、人命のことなど、沢山考えることがあったかと思いますので、こればかりは致し方ない事だと思います。
(本音としましては、もう少し早めの判断を発表頂けたらとても嬉しかったです)

お客様から頂戴するお金に関しましては、通常ですと3日以内のキャンセルは私達は100%キャンセル料金を申し受けております。

ただ、台風によってご公演が中止になり、お花もお届けできない。
この状況で100%のキャンセル料金は、余りに申し訳ない。

ですので、大変恐縮ながら、お花代の50%と、配送料をご返金させて頂く形を取らせて頂きました。

この様な天災の際には、企業が100%返金をするのが、もしかすれば企業の姿として正しいのかもしれません。

ただ、Sakaseruはお客様は勿論のこと、フラワーデザイナーもプラットフォームの一員としてサービスを運営していますので、お花の仕入れやそれまでの仕事、それら全てが無かったものになるのは、Sakaseruの存続を著しく困難にさせてしまいます。

この様な状況から、頂いたお客様から頂戴しましたキャンセル料金は、本来お届けするはずであった仕入れたお花代、フラワーデザイナーの今までの仕事。Sakaseruがサービスを存続させる為に必要な資金に充てさせて頂く。
その金額で足りない部分は、Sakaseruの資金から補填をさせて頂く。
このように判断をさせて頂きました。

お客様としては、天災なのだから、100%返金して頂きたいと考えられるのが通常だと思いますので、非常に心苦しい判断でした。

お客様からはお叱りを受けると思い、お一人お一人ご連絡をさせて頂いたのですが、Sakaseruのお客様からは、
台風の中の対応を労うお言葉や、僕たちSakaseruの身を気遣うお言葉など、温かいお気持ちを頂くことが出来ました。

有事の対応で切羽詰まっていて、お花をお届け出来ない申し訳ない気持ちでしたので、お客様の温かいお言葉で非常に救われました。

本当に、ありがとうございます。
素敵なお客様にサービスをご利用頂いておりますこと、誇りに思います。

まだまだ、台風の被害で予断を許さないエリアもあるかと思いますので、
どうぞご無事でお過ごしください。

株式会社代表取締役 小尾龍太郎